バーガーバーガー ハンバーガー食べ歩きMAP

2011年7月のアーカイブ


丁度1年前にはじめたこのブログですが、おかげさまで今回の記事で100回目を迎えました。

気ままにに書いていこうとはじめたブログですが、多くの方に見ていただけておかげで続ける原動力となりました。ありがとうございます(^^)/

毎回新しいお店の記事を書こうと決めた自分ルールも、今のところはキチンと守りながらこの1年で紹介させていただいたお店も100を超えました。ハンバーガー目当てで普段行かないようなお店にも足を運びいろいろと楽しいハンバーガー生活でした。


で100回目の記事ですがどうしようかかなり悩んだのですが、一つのお店になかなか絞れなかったので「この1年で印象に残ったおいしかったハンバーガーランキング」ベスト5を勝手にあげさせてもらいます。5つに絞るのもまた大変ではありますが、印象度も込みでどんなハンバーガーが顔をそろえるランキングになりましたでしょうか。

では早速ランキングの5位から。
まずは原宿周辺ではおなじみ「THE GREAT BURGER」の「ヒッコリーバーガー」。昔から燻製系は大好きなのですが、思いの他香りが強かったですが、最後まで口の中に残る香りと味のバランスにノックアウトされてしまいました。

姉妹店では同じメニューでも香りが少なかったので、もしかしたら味のばらつきはあるかもしれませんが、他のハンバーガーも含め基本的に美味しいお店ですのでオススメです。

ヒッコリーバーガー


第4位は、味もさることながらインパクトが勝った感のあるお店で恵比寿の「ソウルドレッシング」です。恵比寿で人を選ばずに勧めるなら「ブラッカウズ」なんですが、自分の一番ということでこちらがランクインです。

肉々しいハンバーガーが好きということもあるのですが、ここのパティはハンバーガーのパティというよりもステーキを感じさせるパティが印象に残ります。
もちろんサイズもビッグサイズ。ドカンと食べたい時はこちらをどうぞ。

ベーコンバーガー


第3位は最近紹介したばかりですが、「1010 Noel Dr.(テンテンノエルドライブ)」の「1010バーガー」。味噌の偉大さを思い知らされました。レビューでも書きましたが、よくあのバランスに辿りついたなと。

ただ味噌だけに決して癖のないハンバーガーではないので、人によってはが出てしまうかもしれませんね。

1010バーガー


さてハンバーガーランキングも残すところあと二つ、第2位は「ハングリーヘブン目黒店」で食べた「ハングリーヘブンインディアベーコンエッグチーズ」。ああ、長い名前。

インディアとあるように特製カレーソースがまたハンバーガーとマッチしてます。
食べて気付かずに「うまい」と口にしていた一品です。

ハングリーヘブンなら上板橋じゃないんだとお思いの方もいるでしょうが、上板橋ではこのハンバーガーを食べてなかったので。ということでこのメニューおすすめです。

ハングリーヘブンインディアベーコンエッグチーズ


さていよいよ第1位に輝くハンバーガーですが「バーガーマニア」の「マンゴーバーガー」です!
味もインパクトもどちらも文句なしです。

マンゴーとハンバーガー、明らかにミスマッチと思えるこの組み合わせですが、最初に口に運んだ時、冷たくフルーティーなマンゴーと、熱々ジューシィなパティの組み合わせに受けた衝撃を越えるハンバーガーは無かったです。

ただのネタバーガーではないです。ハンバーガーが好きならぜひ試してみてください。オススメです。

マンゴーバーガー



さて、最後に番外編として心のNo,1ハンバーガーを紹介します。

それはGORO'S DINERの「クラシックバーガー」。塩コショウの味付けのシンプルなハンバーガーですが、肉の旨味、全体のバランス、今も昔も自分が食べた中で最も美味しかったハンバーガーだと思っています。

現在はお店のオーナーさんも変わり「A&G DINER」と名前も変わってますが、ひきつづき美味しいハンバーガーを提供してくれており、今も「クラシックバーガー」は提供してくれています。ただお肉なども少し変ってしまい、やっぱり当時のバランスこそ最高だったと思うので、そのへんちょっと寂しい自分の隠れNo.1です。

もちろん今のお店もレベルは相当高いですよ(^^)

クラシックバーガー


ということで、個人的に今年1年で印象に残った味ベスト5でした。
こうしてみると改めて、優しいタイプや上品なタイプよりは、印象の強さやパティがしっかり主張しているタイプのお店の方が好みなのかなと改めて感じます。

これからも出来る限り毎回新しいお店を紹介していきたいと思っています。
無理なくひきつづきいろいろと紹介できればと思いますので、拙い文章でありますがぜひお付き合いいただければと思います。

よろしくお願いいたします(^^)/



今回は紹介するのは田園都市線「藤が丘」駅にあるハンバーガーショップ「COCOCHI BURGERS(ココチバーガーズ)」です。このサイトでは初めての神奈川県のお店になります。

まあ、神奈川といっても渋谷から各駅で35分くらいですのでそこまで遠くはありません。
またこちらのお店、住所は横浜市ですが横浜駅からはやはり電車を乗り継いで30-40分くらいで方向は大分違うので、あまりこのあたりに詳しく無い方はご注意ください。
といっても自分自身もこちらのお店にくるのは初めてですが。


最寄り駅は最初に書いたように「藤が丘駅」、出口は二つありますが正面口から外に。改札を出たら目の前がロータリーになってますが、左手の藤が丘ショッピングセンターに沿って進み、その先を左に曲がります。

藤が丘駅改札

駅前ロータリー

この角を右に

この通りを進む


そのまま100mほど進んだところにあるホルモンのお店の角を右に入るとすぐ先にお店が見えてきます。オレンジ色の屋根で2階にありますが、周りは住宅なのでかなり目立っています。ランチタイム(?)のラストオーダーぎりぎりの時間でしたがそのままお店に。

ホルモン屋の角を曲がる

お店外観


先客が2組ほどいらっしゃいましたが窓際の席につきます。
思っていたよりも店内は広い感じで、ハワイアンがBGMで流れています。

店内風景


メニューを見ると1番人気の「ベーコンチーズバーガー」と2番人気の「4種のチーズフォンデュバーガー」が気になりますが、ここは欲張って「4種のチーズバーガー(1,350円)」に特製ベーコン(250円)をトッピング、これで両方味わえるかな。

バンズも4種類(クラシック、玄米、胚芽、ソフト)から選べるようですが、ここはクラシックで。
ちなみに注文時にどのバンズにするか聞かれませんでしたが(メニューには結構しっかり書いてあったので)、言わなければクラシックになるようです。


すぐにドリンクが運ばれてきますが、どうやらこちらのお店、スタッフさんがフロアと厨房と両方対応しているみたいです。そのためお客さんが続くとどうしてもそちらにとられるようで、ハンバーガーが出てくるまで25分くらいかかってました。
シフトの問題かもしれませんが、来られる時は時間的に余裕のある状態で来た方がいいかもしれません。

あと、厨房とフロアの間がちょうど壁みたいになっているので、お店の人が調理に入ってしまうと、用事があるときは厨房の方まで顔を出さないとすぐに伝わらない場合があるようで、自分も後々紙袋をもらいに声をかけに行きましたが、他のお客さんも用事がある時に奥に声をかけに行ってました。


さてしばらく待っていると登場しました。「4種のチーズフォンデュバーガー」です。
ハンバーガーとは別に火にかけられたフォンデュがくっついてきます。

4種のチーズフォンデュバーガー

ハンバーガーにはチェダーチーズが最初から挟まってます。

4種のチーズフォンデュバーガー

こちらにフォンデュをかけると、ほらこの通り。
美味しそうです。

4種のチーズフォンデュバーガーにフォンデュをかける


早速頬張ります。

まずはバンズですが、こちらはいい焼き具合です。甘みはあまり感じるタイプではないですが、クラシックという名前通りオーソドックスでハンバーガーのバンズとしては安心していただけます。

パテはお肉のつなぎかたが珍しいのか、食べた断面がそぼろみたいな見栄えをしています。だからと言って崩れやすいわけではなく、味も決して濃くは無いですがチーズで上手くバランスが取れています。他の組み合わせだと少しあっさり目に感じるかもしれませんが、その辺はメニューによって味付けは変えているのでしょうかね。

このメニューのメインでもあるフォンデュに関してはなかなか美味しいです。
チェダーがフォンデュに味で負けてしまうのは仕方ないかもしれませんが、最初はそのまま食べて途中でかければ(その逆でも)違う味が楽しめていいですね。
トッピングしたベーコンも美味しかったですが、フォンデュには少し押されてしまいますね。


最後に器に少し残ったチーズをポテトにつければそれも美味しくいただけます。

もう少しフォンデュが多めだったらなおうれしいですね。

ポテトにチーズを付けて


場所的には都心からは大分離れるので、気軽に行ける距離ではないですが、ハンバーガーも美味しかったしのんびりできていいお店でした。

ごちそうさまでした(^^)


COCOCHI BURGERS (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.5



 店名  COCOCHI BURGERS (ココチバーガーズ)
 住所  神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-3-1 桂ビル 1F
 最寄駅  藤が丘駅 (北口出て3分 約160m)
 営業時間  [月・火・木・金] 11:30 - 15:00(L.O.14:30)
          18:00 - 22:00(L.O.21:00)
 [土・日・祝] 11:30 - 16:00(L.O.15:30)
        18:00 - 22:00(L.O.21:00)
 ランチ営業
 定休日  水曜日
 ホームページ  http://www.cocochi.cc/index.html
神奈川県横浜市青葉区藤が丘2丁目3−1の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回尾お邪魔してきたのは、田園都市線「用賀駅」にある「1010 Noel Dr.(テンテンノエルドライブ)」。オリジナルの和風バーガーもウリの人気のお店です。


さて、最寄りは先に書いたとおり用賀駅です。
いくつか出口がありますが、こちらに向かうのなら東口か北口から。
今回は北口の出口から向かいます。

円形(?)の階段がある北口出口を出たら目の前の2車線通りを左へ。
そのまままっすぐ進んで行きます。

用賀駅北口

北口を出たところ

駅前通り


最初の交差点ですがここもまっすぐ。

この交差点もまっすぐ


さらに行くとお店も見当たらなくなりますが、若干寂しい感じの道になりますが、ここをしばらくすすむと左手にお店が見えてきます。

他にお店がない住宅街なので、見間違うことはないと思います。

ちなみにこの通り、街灯が片側なので夜は少し暗めです。
夜は少し歩くのが恐いかも。

さらにまっすぐ

お店外観


こちらのお店ですが、4人掛けのテーブル1席とカウンター8席と席数は少ないです。
カウンターからは調理しているところがそのまま見えます。

席について早速注文します。
せっかくなのでお店の名前を冠した1010バーガーのドリンク付きセット(1580円)をチョイス。こちらのハンバーガー、なんとトッピングが濃厚な味噌で味付けしたナス。という和風バーガーです。


先にドリンクと、別皿でフライドポテトが出されます。

その間カウンターの中では調理中。
バンズもパティもしっかり焼かれています。

ジンジャーエールとポテト

カウンター内


しばらくすると登場しました。1010バーガー。
ナスです。そして味噌です。

色味はかなり褐色系。見た目のインパクトはかなりです。

1010バーガー

アップでパチリ。

1010バーガー

重ねてみると。意外とこじんまりした感じに。
お皿の上にバーガーだけなので仕方ないですが。

1010バーガーを重ねる


早速いただこうと思いますが、こちらのお店は紙袋はありません。
なのでナイフとフォークかと思いますが、まずはもってガブリ。

うまい!

いやー味噌ってすごい、それをバーガーに仕上げたお店もすごい!

味噌とハンバーガーという違和感丸出しの組み合わせにも関わらず、ハンバーガーとしてしっかり完成しています。味噌味はしっかりしてますが、味がきついとも弱いとも思わせない、単にかけあわせただけではない見事な味のバランスに感じました。

最初は持ってかぶりついたのですが、肉汁などもすごいのでナイフとフォークに替えますが、なかなか慣れていないため、どうしても崩れてしまいます。そのため最初のバンズ、パティ、ナス、他のトッピングが全ていい具合に口に入って来た時の味がなかなか再現できずに結局また持って食べることに。
手はだいぶ汚れてしまいましたが、1010バーガーはかなりお気に入りになりそうです。
 


帰り際店員さんに「初めてですか?」と聞かれ思わず「はい」と言ってしまいましたが、実はかなり前に来たことがありましたが、場所的な事情でその後なかなか足を運んでなかったのですが、あらためて食べてみてお肉も楽しめて満足できました。

ごちそうさまでした(^^)


1010 Noel Dr. (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★★ 4.5



 店名  1010 Noel Dr.(テンテン ノエルドライブ)
 住所  東京都世田谷区用賀3-11-1 ウェルス用賀台 1F
 最寄駅  用賀駅 (北口出て5分 約400m)
 営業時間  [火 - 金] 11:30 - 16:00 18:00 - 22:00(L.O.21:30)
 [土・日・祝] 11:00 - 20:00 
 ランチ営業
 定休日  月曜日(祝日の場合は翌日)
 ホームページ  http://1010noeldr.com/
東京都世田谷区用賀3丁目11−1の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

さて、今回お邪魔したのは高円寺にある「Yonchome Cafe」です。
高円寺と言えば「EL PATO」や「Fatz's」、「ベイク クラウンズ カフェ」などのハンバーガー専門店がも多く登場してきてかなりの激選区になりつつあります。


場所は高円寺駅の南口になりますが、南口を出たらもう見える場所にお店があります。
駅を出て左側から正面方向へ進む際に目の前に見える建物の2Fがこちらのお店になります。

高円寺駅南口

ロータリーの左手

目の前のビルの2Fに


古着屋脇の階段を2階にのぼると、お店の扉が。
中に入ると結構ひろく、テラス席もあります。高円寺でも結構昔からあるカフェとのことですが、確かに内装もちょっと今時という感じかというとちょっと違う感じ。

古着屋脇

お店の扉

休日の15:00をまわったくらいですが、店内はかなり賑やかで、お客さんの年齢層も幅広いです。

店内風景


席について早速メニューを。
お目当てのハンバーガーですが「ゴルゴンゾーラバーガー」が気になったのでそちらを注文。小腹もすいていたので名前が気になった「イスラエルサラダ」と「小エビとマッシュルームのガーリックオイル煮」を一緒に注文。

ドリンクはジンジャーエールをと思っていたら、「ガーネットジンジャー」というジンジャー+カルピス+カシスのオリジナルドリンクがあり、気になって注文。
サラダといい名前で選んじゃったなあ。


まず運ばれてきたドリンクですが、こんな感じです。

ガーネットジンジャー

で、かき混ぜるとこんな感じに。

ガーネットジンジャー

さて、早速飲んでみます。。。うん、別々に飲みたかったかなf(^^)


続いて登場はイスラエルサラダ。野菜が細かく切られて見た目も彩よいです。

肝心のお味ですが、本場のイスラエルサラダを食べたことがないので比べようはないですが。ちょっとドレッシングの味が強く感じました。もう1回頼むかとなると頼まないかなあ。

イスラエルサラダ


うーんと思っていたところ、やってきたのが「小エビとマッシュルームのガーリックオイル煮」。この後ハンバーガーが来るのでバケットとかはつけずにそのままいただきましたが、意外性はないですがおいしく頂きました。

小エビとマッシュルームのガーリックオイル煮


その後運ばれてきたハンバーガーはなかなかにボリューミー。
ゴルゴンゾーラがパティに絡んでいて美味しそうです。早速野菜を挟んでいただきます。

ゴルゴンゾーラバーガー

ゴルゴンゾーラバーガー


まず最初にバンズですがいい焼き具合でなかなか食感はいいです。味の方は少し甘みのあるタイプですが、あまり主張の強いタイプではないですね。

ただ今回かなり残念だったのが、塩味の強さ。
ハンバーガー全体で最初の一口を食べたところかなり塩味が強く、「あれっ?」と思ってパティだけを食べたところ、パティの味が塩気に支配されてしまってます。

ゴルゴンゾーラはハンバーガーのトッピングとしては、好んで選ぶ方なので塩気が強いのはわかってましたが、最初から最後まで塩辛さが残ってしまったので、パティそのものの味付けもかなり濃い目というか、間違えたのかな?最後まで味は変わりませんでした。


印象としてはやはりこちらは名前通りカフェなので、高円寺付近でちょっとお茶をと思ったら、いろいろメニューもあって、オリジナルのドリンクもいろいろあるので足を運ぶでしょうが、ハンバーガー目当てだと近辺にいいお店が揃ってるからなあ・・・


Yonchome Cafe (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★☆☆☆ 2.5



 店名  Yonchome Cafe
 住所  東京都杉並区高円寺南4-28-10 2F
 最寄駅  高円寺駅 (改札2分 75m)
 営業時間  12:00 - 26:00
 定休日  -
 ホームページ  http://www.yonchome.com/
東京都杉並区高円寺南4丁目28−10の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回紹介するのは学芸大学(東急東横線)にあるレストラン「indigo(インディゴ)」です。こちらはカリフォルニア料理のお店ですが、メインメニューの中の一つにハンバーガーがあるお店です。

場所は学芸大学駅からは少し歩く距離ですが、比較的道順は分かりやすいです。


まず学芸大学駅の改札を出たら右手(東口)に向かいます。

出てすぐが商店街になっているので、その商店街をひたすら突っ切っていきます。

学芸大学駅

商店街を抜ける

さらにまっすぐ


300-400mほど進むと、通りが終わり信号と2車線道路にぶつかるので、2車線道路を右斜め前方に進みます。

結構まがりくねった道ですが、200mほど進んだ左手に青い屋根のお店が見えてきます。

交差点で右方向に

通りを進む

お店外観


ドアを開けて中に入ると、ちょっと洒落たランチでもといった風情のお店で「遅めのランチをしながら読書に興じる優雅な午後」が似合いそうです。

お店のすぐ横を先ほどの通りが走っていますが、外の音もあまり気になりません。
週末だったので15:00にお店に入ってもお昼には間に合いましたが(週末はL.O.15:30)、平日だと昼のL.O.は14:30なので使われる方はご注意ください。

店内風景


席について先にドリンクメニューを渡されたのでジンジャーエール(600円)を注文します。

週末はランチではなくブランチメニューになるみたいですが、前菜(800円)、パスタ(1200円)、メイン(1500円)にそれぞれいくつかずつ種類があり、ハンバーガーはメインンの中の一皿になっています。

それぞれを組み合わせたコースメニューもあるようなので、少しお得な前菜+メインのBコース(2000円)を注文。どれも美味しそうですが、前菜から(正確な名前は忘れましたが)「帆立とグリーンアスパラのポワレ カレー風味ソース」を、メインはお目当てだった「インディゴグルメバーガー(トッピングチーズ)」を選びます。
焼き具合はミディアムレアがオススメとのことですが、結構赤味が残るらしいのでミディアムでお願いします(ミディアムもそこそこ赤味は残るらしいですが)

セットは+500円でデザートプレートと紅茶(コーヒー)もつけられるのでそちらもチョイス。全部だと結構いいお値段になりますが、たまにはいいですよね。


全ての料理に本日のマフィンと自家製パンが付くらしく、最初にそちらが出されました。この日のマフィンは「バナナとシナモンのマフィン」と「赤かぶのマフィン」でしたが、気になるのは後者なものの、結局前者を選んでしまいましたが。

小ぶりですが、甘さ抑えめでなかなか美味しくいただきました。

バナナとシナモンのマフィン


パンも小さいパンがついてきますが、一緒に出されるオリーブオイルに塩を入れていいかお店の方が聞いてきたので入れてもらいます。個人的にパンにオリーブオイルがちょっと違和感があるのですが、塩を入れたオイルにつけたら思いのほか美味しいです。 パンそのものも、外サク、中フワで美味しいということはあるのですが、今度からは忘れずに塩を入れるようにしよう。

自家製パン


その後まず前菜が運ばれてきますが、おしゃれでテンションも上がります。
メインの帆立とアスパラ以外は何が使われているかさっぱりわかりませんが、見た目にも綺麗で、早速いただきます。

これまたおいしい。ソースもいいですが何といっても帆立の焼き具合が絶妙。固すぎずそれでいて表面が香ばしく、いやー幸せです。アスパラは普通にアスパラですが、こちらも美味しくいただけました。

帆立とグリーンアスパラのポワレ カレー風味ソース


この時点で結構満足度も高いですが、待っているとメインのハンバーガーが登場です。

お肉は厚めに焼かれていまて、表面積はそれほど大きくありません。
バンズもおそらく自家製パンと同じものなのかもしれませんが、しっかりしていて上から押しつぶす感じでもないので、手に持って食べるのは断念し、ナイフとフォークでいただきます。

インディゴグルメバーガー

インディゴグルメバーガー

インディゴグルメバーガー


味はお肉だけで食べるとかなり塩気が強いですが、この辺はバーガーのパティとして作られているようで、トマトやレタス、バンズと一緒に食べると丁度いい味になります。
お肉の赤味はお店の方がおっしゃってたようにミディアムでも結構残ってますが、塩が聞いている分、赤味の部分もしっかり旨味が出てきて美味しいです。

バンズは名前は分かりませんが、ハンバーガーのバンズというよりもイタリアンでよくランチなどで出てくる、外がしっかりしたタイプのバンズです。それだけにサクサク感が強く、なによりナイフとフォークで食べるのには合ってました。

パティの端の部分の焦げが最初だけ気になったのは残念ですが、それでもできることならナイフとフォークではなく、思いっきり頬張ってみたいなあと思えるハンバーガーでしたね。


最後のデザートは、ニューヨークチーズケーキをチョイス。ヨーグルトアイス添えで出てきましたが、普通に美味しく+500円で紅茶もつくなら満足度は高いです。(セットのみの値段でしょうが)

デザートプレート


ハンバーガーにもいろいろなタイプがあると思いますが、こういうハンバーガーもなかなかいいですね。トータルでもいいお店でした。


レストラン インディゴ (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★★ 4.0



 店名  インディゴ (INDIGO)
 住所  東京都目黒区中央町1-12-6
 最寄駅  学芸大学駅 (改札8分 約610m)
 営業時間  [火 - 金] 11:30 - 14:30(L.O.)
         17:30 - 23:00(L.O.) コース 22:00(L.O.)
 [火 - 金] 11:30 - 15:30(L.O.)
         17:30 - 23:00(L.O.) コース 22:00(L.O.)
 定休日  月曜日(祝日は営業)
 ホームページ  http://www.restaurant-indigo.co.jp/
東京都目黒区中央町1丁目12の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回紹介するお店は池袋にあるBar「ナッシンファンシー」です。

池袋のグルメバーガーといえば西口にあった「OATMAN DINER」が撤退してからは、東口の「EAST VILLAGE」くらいしかすぐに浮かんでこないエリアでしたが、ハンバーガーを出しているBARがあるというので、会社帰りにちょっと立ち寄ってきました。

場所は池袋西口になりますが、若干分かりにくく、ちょっと行きずらい場所にお店があります。


行き方は、池袋の西口から外に出ると目の前がロータリーになってますので、この道をまっすぐに進んでいきます。目印らしい目印はないですが、右手にマック。左手にはビックカメラがあります。

池袋駅西口

西口をまっすぐ


この通りを150mほど進むと大きな交差点にぶつかります(目印はマルイです)。
この交差点を渡り、大通り沿いを右(北方向)に進んでいきます。

マルイの交差点を右に

交差点を渡った側


100mほど進んだところのコンビニ(ファミリーマート)のところで左に曲がるとちょっと薄暗い路地に。

呼び込みのお兄さんや夜のお店が並ぶ中2つ目の角を2Fに上がったところにお店があります。ちょっと薄暗い&写真とかとってたら怒られるんじゃないかと思うような通りなので、女性の方だと遅い時間は来づらいかな?。

コンビニを右に

ちょっと暗い路地


お店の入口のところにも目立った看板があるわけではなく、あってるかなと思いつつ雑居ビルの2Fに。ちょっと殺風景な扉がありますが、こちらがお店の入口でした。

中は縦長のお店で、4人掛けのテーブル席が4つとカウンターが4席。
平日ということもあってカウンター席の上には荷物が置いてありましたが、週末とかはこの席も使うのかな?

ここの2階

お店入口

店内風景


壁にはアメリカンな小物やら何やらが飾ってあります。

席についてメニューを見るとバーガーの種類は5-6種類くらいあります。その中からチーズバーガー(950円)とシーザーサラダ(750円)を注文します。

こちらのお店ですが、オーナーさんが一人で切り盛りしているようなので、注文から出てくるまでタイミングによっては時間がかかりそうですのでのんびりと待ちます。


ドリンクが運ばれてからしばらくするとシーザーサラダがやってきました。
非常にオーソドックスなサラダでしたが、ハンバーガー前の腹ごなしには丁度いいです。サラダをいただいている間も調理している音が少しずつ聞こえてきます。

シーザーサラダ

コーラ


サラダを食べ終わって少し待ったころにハンバーガーが登場しました。
思っていたよりも大きく、ボリュームのあるハンバーガーで、見た目もちょっと懐かしさを感じさせます。

チーズバーガー

チーズバーガー

チーズバーガー


紙袋にうつして早速いただいてみると、本格的な日本のグルメバーガーというよりは、アメリカで出てくるちょっと大味さも残すハンバーガーに近い感じ。味付けはマヨネーズメインですが、ジャンク感を残す味は個人的には結構好きです。
チーズも味がしっかりしていて、パティとも合っています。ただかなり大きいのと、マヨネーズとチーズの味わいが強いので、途中でケチャップ等で味を変えないと飽きがくるかもしれません。

付け合わせのポテトとコーンはお酒に合いそうな味付けで、おいしくいただきました。


オーナーのこだわりが出ている感じの店内で、仲間とワイワイやるのに良さそうなお店ですね。初めての人だとお店に入るまでにちょっと戸惑いそうですが。


ナッシンファンシー (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
夜総合点★★★☆☆ 3.0



 店名  ナッシンファンシー (Nuthin Fancy)
 住所  東京都豊島区池袋2-9-1 太田屋ビル2F
 最寄駅  池袋駅 (西口から5分 約320m)
 営業時間  [月 - 土] 19:00 - 25:00
 定休日  日・祝
 ホームページ  -
東京都豊島区池袋2丁目9−1の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

さて、今回は初のホテルダイナーでハンバーガーにチャレンジということで、バーガー有志の方に参加いただいて4名で六本木はグランドハイアット6Fにある「オークドア」に行ってきました。


待ち合わせは定番(?)の六本木のアマンド前。梅雨明け宣言でまさかこんなに暑くなるとは・・・

六本木交差点

ハイアットは森タワーの裏手になるのですが、今回は行き方は書いて無いので行かれる方はすいませんが各自にて。

六本木の駅からは遠くないのですが、まあそうそう行く機会もないようなところなのでなんとなくおっかなびっくり向かいます。

森タワーを抜けハイアットのロビーに入ると、6Fまでしかいかないエレベーターがあるのでそちらにのってお店まで。
ここからは写真がありますが、エレベーターを降りて目の前がお店をいうわけではなく一本道の通路があり、その先がお店です。

森タワーからハイアットへ抜ける

エレベーターを降りると通路が

第一印象はうーん天井が高い。
全体的に高級感満載で、異邦人的なそわそわ感を悟られないようにするだけで大変です(まあごまかせてたかはわかりませんが)。

予約時より人数が減ったので、4人がけの席で手配してもらいお店の人に案内してもらいます。

店内風景

店内風景


席につくと最初にスタッフの方からミネラルウォーターはガスありかなしか聞かれたのでガスなしをお願いします。

メニューを渡されて見てみるとハンバーガー単品だとレギュラーが2300円、スモールで1700円。USTよりは安く記録更新はならずです。

単品のほかに、スープとデザート&紅茶(コーヒー)が付くバーガーセットもありますのでせっかくなのでセットと、ライムソーダ(950円)を注文。メニューにセットの値段は書いてませんでした。たしか3000円くらいだったと思ってたんだけど、違ったかな?

お連れの皆様はそれぞれ単品にビールを頼まれてます。


皆で話しながら待っていると、まずはドリンクと、パンが運ばれてきました。
見ると結構な大きさのパンでしたが、みなさん手にとって食べ始めてます。これからハンバーガーが来るのにすごいなあ・・・

ちなみに自分が頼んだライムソーダは甘くなく、甘いものだとばかり思っていたので動揺を隠しながら飲んでましたが、そうかこういうところのソーダは純粋にソーダなのね。

先に運ばれてたセットのスープは酸味もきつくなくおいしいです。
高いお店だけあるなあ。
でもこのスープにデザートと紅茶がついて3000円?値段違うのかな?

セットのスープ


そうこうするうちにメインのハンバーガーがやってきました。

見た目にもけっこうしっかりしていて、挟むトマトやレタスも新鮮な感じ。
自分は付け合わせはサラダでしたが、ポテトの方がハンバーガー感が出ますね。(レギュラーサイズで付け合わせをポテトにすると、オニオンリングも付くみたいです。挟むようかな?)

ちなみにセットのハンバーガーはスモールサイズでした。

紙袋はないので、選択肢はまわりを気にせずかぶりつくか、ナイフとフォークでいただくかですが、スモールサイズだったのが幸いして今回は前者を選択。
みなさんはナイフとフォークで食べてます。

ハンバーガー(スモールサイズ)

バンズを重ねるとこの通り。

ハンバーガー(スモールサイズ)

ハンバーガー(スモールサイズ)


野菜を挟んでかぶりつくと出てくる出てくる肉汁が。これはナイフとフォークが正解かも。

とにかく大惨事になる前に一気に食べ進めます。赤みの残ったパティはそれだけ食べると結構あっさりめ。ハンバーガーとして食べるような味付けになっていますね。食感は強いわけではないですが、ハンバーガーのパティというよりもステーキっぽい印象を食べていて受け、ちょっと不思議な感じです。食べ終わったあとにあまり肉々しさが残らないので、食べやすい半面、人によっては物足りなさも感じる人もいるかも。いい素材をキチンと調理したハンバーガーですが、ジャンキーな食べ物と言う感じは全くさせない作りですね。


最後に出てきたデザートは果実の酸味とアイスの甘さが絶妙でおいしいです。おつれ様を気にせずたべてました(すいません)

デザート


スープ、ハンバーガー、デザート+高級感でこのお値段なら、(バーガーのサイズは小さくなりますが)ホテルバーガーデビューに一度来てみてもいいかなと思います。今回は味以外の部分に飲まれてしまった感があるので、次に来る時はもう少し落ち着いて味わえるかな。
一度夜も来てみたいですね。(いったいいくらかかるかはわかりませんが)


あっそうそう、清算時にサービス料10%がかかります。
あと、最初に出てきたミネラルウォーターは有料(1500円)なのでご注意を。そっか高級ホテルのダイナーだもんなあ。

まあ「ホテルダイナーでハンバーガー」のハードルは越えたので、他のところももう少し気楽に行けそうです(気軽ではないですが)。(^^


オーク ドア (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.5



 店名  オーク ドア (The Oak Door)
 住所  東京都港区六本木6-10-3 六本木ヒルズ グランドハイアット東京 6F
 最寄駅  六本木駅 (六本木交差点から8分 約580m)
 営業時間  11:30 - 22:30
 ランチ営業
 定休日  無休
 ホームページ  http://tokyo.grand.hyatt.jp/
〒106-0032
東京都港区六本木6丁目10−3の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回は高円寺に最近オープンしたお店「Fatz's(ファッツ)」に行ってきました。
最近は中央線沿線もいろんなお店が登場してきていて、高円寺もこちらのお店や「EL PATO」など、なかなか充実したハンバーガーエリアになりつつあります。


こちらのお店は高円寺の北口にありますが、駅からはそれほど遠くありません。

行き方は、まず高円寺の北口を出たらそのまま左へ。
信号を渡った先に「中通商店街」という通りがありますのでそちらに入ります。

高円寺駅北口

北口を出たら左方向へ

中通商店街を入ります

中通商店街

通りをすすむと最初の十字路の角に「丸十ベーカリーヒロセ」という赤いルーフのお店があるので、そこを右に曲がります。

丸十ベーカリーヒロセを右に

右に曲がり30mほど進んだところにある左手のマンションにお店があります。

お店自体は路地からマンションの中に少し降りた一番奥のほうにあるので注意してください。

このマンションにお店が

マンションの奥の方です

お店外観


お店はカウンターが8席と、外に4人掛けのベンチがひとつとかわいい作りです。

お店に入るとすでに先客が3組いらっしゃって、ちいさいお店だけにかなり賑やかな感じです。

店内風景

カウンターにはお店のHPにも載っているオーナーさんが。
誰かににている感じがするのですが、誰だろう・・?



早速メニューを見てみると、かなりオリジナル色の強いメニューが。
ベーコン&チェダー&オニオンリング&BBQソースの「サウザー」と、自家製生サルサ&グアカモレ(アボカドディップ)&チェダー&はハバーティチーズの「エルカブロン」の二つで迷いましたが、ここはWチーズに惹かれて「エルカブロン(1200)」とジンジャーエール(300円)を注文。

ちなみにオーソドックなメニューはハンバーガー+トッピングの組み合わせでいけます。


しばらく待っているとハンバーガーが登場です。
少し時間はかかってましたが、オーナーさんが一人で調理していてテイクアウトもやっているお店だといたしかた無いところかと。

出てきたハンバーガーは想像外にとろけたチーズがあふれ出ていてちょっとテンションもアップです。

エルカブロン

バンズを重ねるとこの通り。

バンズを重ねたハンバーガー

横からもパチリ。

ハンバーガーを横から


早速紙袋に移していただきます。

まずはあふれ出たチーズから。とろけ具合がなかなか美味です。
ハンバーガーにかじりつくと、サクサクした食感が口の中にひろがりアクセントに。なにか入っているのかと思ったら、バンズの断面がいい具合に焼かれていたためでこれはなかなかいいですね。パティは味・食感とも決して強いタイプではなく、ちょっとあっさり目な印象。Wチーズがしっかりした味なのでもう少し主張があってもいいかも。
結構バランスタイプのハンバーガーでしたので、見た目よりは人は選ばないかもしれません。


オーナーさんもお店の方も丁寧な接客をされていて、お店を始める前はヴィレッジバンガードで働いていたらしいですが、そう考えると納得。

確かに文句なしのハンバーガーというわけではないのですが、オープンしてまだ間もなくお店ならではのオリジナリティもあって、先々は相当期待できるお店なんじゃないでしょうか(すいません上からで・・・f(^^; )。楽しみです。


FATZ'S (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.5



 店名  FATZ'S (ファッツ)
 住所  東京都杉並区高円寺北3-21-19 ライオンズプラザE号
 最寄駅  高円寺駅 (北口から2分 約150m)
 営業時間  12:00 - 15:00
 18:00 - 22:00
 ランチ営業
 定休日  月曜日
 ホームページ  http://fatzs.lolipop.jp/top.html
東京都杉並区高円寺北3丁目21−19の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回は本の町「神保町」にある「cha-bo」に行ってきました。
神保町だとグルメバーガー専門店というのはないのですが、ジャズ喫茶の「Adirondack Cafe」や、今回紹介するホワイトカレーが人気の「cha-bo」など、喫茶店でハンバーガーを出しているお店が目立ち、こちらのお店では神保町バーガーなるものも提供されているとのことで、ワクワクしながら行ってきました。

お店は神保町駅から数分のところ、靖国通り沿いから少し入ったところにあります。

今回はA5出口から出たので、まずは反対側に渡ります。

神保町 A5出口外

靖国通り沿い

あとは靖国通りを岩本町(秋葉原)方面に進んでいき、100mちょっと進んだところにある書泉グランデの手前で曲がり、さらに入った先すぐの路地を左に入ります。

書泉グランデを右に

すぐ先の路地を左に


レトロな感じの喫茶店が並ぶ路地に入りますが、その3件目がこちらのお店になります。

お店の感じはハンバーガーショップではなく、昔ながらの近所にある喫茶店という風情です。店内に流れる懐かしめの洋楽と、壁に貼られている映画のパンフレットとかが合っています。

この路地の3件目

お店外観

店内風景



メニューを見ると、人気のホワイトカレーが並びますが、その中に神保町バーガーなるものが。通常のものと、チーズ、アボカドをトッピングする3種類しかありませんが、バンズの裏にホワイトカレーが塗ってあるのが特徴。バンズには白神こだま酵母を使用されているらしいのですが、後でネットで調べたら結構検索結果も出てきたので、有名な酵母みたいですね。

今回のお目当てはハンバーガーなので、さっそくチーズバーガー(1,100円)とジンジャーエール(300円)を注文します。


しばらくするとハンバーガーが運ばれてきました。

想像していたのと違って、四角いお皿の上にハンバーガーの他にポテトと、ポテト用のケチャップ。オリーブ類にサウザンソース(かな?何に使うんだろう)がキレイに乗っていてなんとなく嬉しい。カレーの香りも結構してきて食欲がそそられます。

早速紙袋に移そうとしたところ、上のバンズと中の方のグリルドオニオンが滑りやすく、若干苦労しましたので、頼まれる方は紙袋に移す際はちょっとお気を付けください。

チーズバーガー

チーズバーガー


紙袋に移したものを早速いただきます。
バンズの裏のカレーは、「塗ってますよ」程度かと思っていたら、香りも味も思いのほかしっかり主張していて隠し味程度ではないみたい。カレーの辛さもアクセントになっていて、昔からカレーにハンバーグのトッピングというのは定番ですが、やっぱりカレーとハンバーグというのは相性がいいんでしょうね。

ちなみにこちらのパティですが、ハンバーガーのパティというよりは(粗挽きではない)ハンバーグという感じです。なので「ハンバーガー」というよりも「カレーハンバーグサンド」がイメージ的には一番しっくりきます。
こちらのお店の場合、ハンバーガーに合わせたカレーというよりも、カレーありきのハンバーガーなのかなという気がするので、ハンバーガー専門店のハンバーガーをイメージしてくるとちょっとずれるかも。その分懐かしさを感じる味です。


人気のカレーが塗ってあるので一石二鳥のお得感もありますし、予想していたタイプのハンバーガーではあったので満足してお店を後にしましたが、一緒にあったソースの使い道だけはちょっとわかりませんでした。あれは何に使うんだろう?


cha-bo (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.0



 店名  cha-bo(チャボ)
 住所  東京都千代田区神田神保町1-3
 最寄駅  神保町駅 (A7出口から4分 約180m)
 営業時間  [月 - 金] 11:30 - 16:00
        18:00 - 21:00
 [土・日・祝] 11:30 - 16:00(L.O.)
 ランチ営業
 定休日  無休
 ホームページ  http://orange.ap.teacup.com/chabo/
東京都千代田区神田神保町1丁目3の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回は牛込神楽坂にある、肉系イタリアンレストラン「カルネヤ アンティカ オステリヤ」に行ってきました。前回の記事の時にも書いたのですが、こちらのお店はランチタイム(12:00-14:00)だけハンバーガーを提供しているので、そちら狙いで行ってきました。

最寄りは都営大江戸線の「牛込柳町」駅ですが「牛込神楽坂」駅からも行ける距離です。他の路線だと少し歩きますが地下鉄「神楽坂」や「江戸川橋」からも行けなくはありません。


今回は「牛込神楽坂」駅から向かいます(後で調べたら「牛込柳町」の方が大分近かったです)。場所は先に出した「牛込柳町」とのほぼ中間で、行き方も簡単です。出口を出たら目の前の通り(大久保通り)を牛込柳町方面に進むだけです。ただ、出口によって進む方向が違うので、その辺は注意した方がいいですが。

今回は改札を出て目の前のA2出口から外に出ます。
外に出たら目の前の通りを左に曲がり、あとは通り沿いにまっすぐ進むだけです。

500mちょっとはあるので6-7分くらいはあるきます。あまり目印らしい目印はないですが、進んですぐのところにメゾンカイザーがあれば方向は合っています。そのまま進み、牛込警察署を過ぎればもうあと僅かです。

牛込神楽坂 A2出口外

大久保通りを進む

牛込警察署を過ぎたあたり


お店の外観は目立つ感じではなく、地元で知られるお店みたいな感じです。

中にはいると、暖かみのある落ち着いた雰囲気の店内ですが、そこまで広い感じではありません。

お店外観

店内風景1

店内風景2



店員さんにすすめられて席に。壁のランチメニューにはハンバーガーメニューとパスタ、ステーキ系のメニューが書いてあり、確かに肉を食べるイタリアンレストランだなというラインナップです。

ハンバーガーはモツやソテーキャベツの入ったものや熟成牛のパティなどきになるものがいろいろありますが、今回はモッツァレッラバーガー(1200円)とジンジャーエール(300円)を注文します。


最初にジンジャーエールが出てきますが、結構小ぶりなコップだったので、最初普通にお茶が出てきただけだと思って飲んでみたら、ジンジャーエールだったのでちょっと驚きました。紅茶っぽい香りと強めの炭酸で、辛口だけど甘みもしっかりで美味しいのですが、量はかなり少ないです。オリジナルかな?

ジンジャーエール


しばらくするとハンバーガーが出てきました。結構出てくるまでは早いです。
パティは結構肉厚な感じでしっかりした作りです。その上のモッツァレラは半生に近い感じなのかな?
付け合わせはサラダとグラタンで盛り付けとかはハンバーガーショップとは違いますね。

モッツァレッラバーガー

モッツァレッラバーガー


早速食べてみると、お肉が主役なハンバーガーなのか肉の食感が真っ先に楽しめる感じです。その分バンズや他の具材の主張はそれほど強くないかも。
モッツァレラはお肉の周りはとけてますが、中心部分はしっかりチーズの食感が残っているので、途中で味の変化が楽しめます。香りはつよいので苦手な人は苦手かもしれませんが。

全体に味付けそのものがシンプルであまり強すぎない感じなので、物足りなく感じる人は一緒にだされるホットチリソースで味にアクセントを加えるとまた別の味が楽しめると思います。


すごいインパクトというか、ここならではのハンバーガーかとなると、ちょっと弱い感じもしますが、シンプルにお肉を味わえるハンバーガーでした。今度は他のハンバーガーも試してみないといけないかな。
もちろん夜も食べに来てみたいですね。


アンティカ オステリア カルネヤ (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.5



 店名  カルネヤ アンティカ オステリア
 住所  東京都新宿区南山伏町3-6 市ヶ谷NHビル1F
 最寄駅  牛込柳町駅 (東口から6分 約380m)
 牛込神楽坂駅 (A2出口から8分 約550m)
 営業時間  12:00 - 14:00(L.O.)
 18:00 - 22:00(L.O.)
 ランチ営業
 定休日  日曜日
 ホームページ  http://www.carneya.net/
〒162-0854
東京都新宿区 南山伏町3-6 市ヶ谷NHビル1Fの地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

バーガーショップリスト

エリアから探す

沿線から見る

最近のブログ記事(5件)

月別アーカイブ

勝手にランキング

ランキング
100回記念 印象にのこった
ハンバーガーランキング
  ⇒⇒⇒ ランキングはこちら